乾燥は諸悪の根源

鏡を見る女性

全ての肌トラブルに影響しているのが乾燥です。
乾燥していると表面がひび割れて肌が固くなっている状態なので、しわが起こりやすいのです。
特に目の周辺は皮膚が薄いため少しでも乾燥してしまうと、ちりめんじわができやすくなってしまいます。
また、乾燥肌だと皮脂が過剰に分泌される場合があり、それが古い角質と一緒に毛穴に詰まってしまうと、ニキビの原因にもなります。
そして、乾燥は老化を早めてしまいます。
角質がはがれにくくなって古い角質が肌に残ってしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。
また、バリア機能も弱っているので、紫外線の影響を受けやすく、シミやしわ、たるみなどのトラブルを起こしやすくなります。
しっかりと保湿をして乾燥を改善するのが大切です。

乾燥肌の洗顔料選びについて

乾燥肌の方は洗顔料を選ぶ時には、皮脂などの必要な成分を取りすぎないものがおすすめです。
洗浄力が強すぎると皮脂や潤い成分を根こそぎ奪ってしまうため、さらに乾燥しやすくなってしまいます。
適度な洗浄力で必要な皮脂を取り去らない肌に優しい低刺激なものを使用するのが良いでしょう。
乾燥肌向けに美容成分がたっぷりと含まれた洗顔料もありますが、界面活性剤が含まれているので、肌質によっては合わない場合もあります。
シンプルな成分の石けんなどで洗顔して、スキンケアでしっかりと潤い成分を補うのが良いでしょう。
また、弱酸性の洗顔料は肌に優しいイメージがありますが、すすぎの時に中和されてしまうので、あえて弱酸性を選ぶ必要はありません。

保湿を重視しよう

水

前述したとおり、素肌を乾燥させることは、たるみ、皺、くすみ、シミなどの原因になります。
普通の健康的な肌の人なら、適度に皮脂分泌があり、皮膚の表面が皮脂バリアで覆われた状態になっています。
そしてその皮脂バリアが乾燥した空気や化粧品による刺激、紫外線ダメージなどを防いでくれます。
乾燥肌の人は皮脂分泌が少なく、皮膚に皮脂が少ない状態です。
さまざまな刺激に対して抵抗力がない状態なので、シミや皺、たるみなどのトラブルを引き起こしやすい傾向があります。
普段のスキンケアではとにかく保湿を重視することです。
安い化粧水でもいいので多めに使い、その後に乳液やクリームなどの油分を補い、水分と油分のバランスが整った肌を作る事で、乾燥を改善し、健やかな肌を作ることができます。

おすすめの記事