冬場になると多くの女性を悩ませるものに、肌の乾燥があります。

乾燥した肌はひび割れや粉吹きを引き起こし、酷くなると出血してしまうこともあります。そのため、日頃から乾燥を防ぐことが重要なのです。

肌

乾燥肌を防ぐ方法とは

肌の乾燥対策にオススメな成分はヒアルロン酸が配合された化粧水です。

とろみがあり、しっとり感が持続することもあって乾燥肌の人にとって使いやすくなっています。やはりスキンケアでの対策となると成分を重視するのが一番ですし高保湿効果のあるヒアルロン酸配合の製品は店頭で入手しやすく、また耳にしたことがある名前なだけに親しみやすいのが特徴です。

乾燥肌ではなくとも、肌の老化を防止する為に日頃から乾燥予防の対策としてヒアルロン酸を重視したスキンケアを行うのも良い方法です。

化粧水を使うのが苦手でも、乳液や美容液、保湿クリーム等で手軽にヒアルロン酸を入手出来ますので、自分の肌や使う用途に合わせて購入をすると良いでしょう。

化粧品

使用上の注意

肌トラブルが悪化すると顔の痒みなどが酷くなり、お風呂上りにスキンケアを行っても痒みが治まらずに困る場合があります。この際に痒いからといって顔を掻きむしってしまえば、肌へ傷がついてしまい余計に炎症を起こしたりする場合があるので気を付けることが大事です。

乾燥肌の場合の対策としては、一時的にスキンケアをするのを止めて水やぬるま湯だけの洗顔のみに切り替え、肌の保湿には薬用などの保湿液を塗るだけに留めておきましょう。

痒みが起きている以上、肌トラブルを起こしているので必要以上のケアは更なる悪化にも繋がり、治るまでに時間が掛かってしまいます。

顔用の痒み止めも販売されているので、乾燥肌が落ち着くまではそちらを使うのが良いです。

原因を知ることが大切

乾燥肌の人は皮膚の保湿能力が低下しているため、表面がカサカサしていることが多くあります。

何故皮膚の保湿能力が低下するといえば、いくつかの原因が挙げられます。まずは食生活が挙げられます。極端なダイエットや偏食、ファーストフードの多用は、何らかの栄養が不足になりがちです。そうなると体の保湿成分が十分に作られなくなるので、乾燥肌に陥りやすくなります。

またスキンケアを間違えることも、乾燥肌の原因となります。体を洗うときに汚れを落とそうとして、体をこすりすぎると角質層を傷つけてしまうからです。

更にはストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れも、皮膚のターンオーバーの乱れを生じてしまいます。

これらの原因を知ることで効果的な乾燥肌対策を行うことができるので、症状改善に役立つでしょう。

おすすめの記事