保湿の重要性

保湿

肌の保湿をすることは肌のバリアを強くするために欠かせないことです。
特に洗顔をした後は汚れや菌が落ちて綺麗になりますが、同時に肌の内部から水分が蒸発してしまいます。
洗顔をしてからしばらくすると肌がカピカピになって水分不足になってしまうため、5分以内には化粧水で肌全体を保湿する必要があるのです。
乾燥肌になってしまう理由は肌の奥にある角質層へ水分が足りていないことから起こります。
また脂性肌の人も同様に角質層の乾燥から肌トラブルになってしまうのです。
乾燥から引き起こされる肌トラブルは綺麗な肌を壊してしまい、ハリやツヤのある肌から遠のいてしまいます。
美容を意識して綺麗な肌へするためには、日頃使っている化粧水や美容液などの化粧品選びで自分に合ったものを選ぶ必要があります。

効果が同じでも中身は違う

化粧品には同じ用途でも使用している成分には大きな差があります。化学物質を多く含む化粧品も多く、肌質によっては炎症などが生じることもあります。特にアトピーの方は肌が非常に敏感なので、化粧品の選択肢が限られることが多かったです。

現在では肌に優しく、アトピーに特化した商品も多く発売されていて人気を集めています。

従来の化粧品は使用期限を長くするため、保存料などの添加物を多く含んでいました。しかし、実際には化粧品は使用頻度が高く、長い使用期限は必要ないことが分かってきました。

そのため、添加物を省いた化粧品が多く登場し、自然由来の成分がアトピーにも優しいことで人気です。

さらに、肌のサイクルを促す成分を含むことでアトピーの症状を抑えるものもあり、治療とメイクを両立できる点で人気です。

商品タイプと成分

化粧品

化粧品は液状のもの、スティック式のもの、パウダータイプの3種類に分けられ、それぞれの特徴を理解することが大切です。

液状、スティック式の商品は油分を多く含んだものが多く、ツヤを出す際によく使われます。水分と油分が分離すると効果が薄れるため、分離を防ぐための添加物が含まれていることが多いです。

そのため、アトピーの方には合わない商品が多いという特徴があります。

パウダータイプの化粧品はツヤを出す効果は発揮しませんが、顔全体に塗布しやすいというメリットがあります。

また、粉末状なので湿気に注意すれば保存しやすく、添加物がない商品が多いです。さらにミネラルなどの有効成分を配合しやすく、アトピーの方には最も適したタイプと言えます。

おすすめの記事