美白を目指す

自分の肌を触る女性

美白化粧品の主な役割について

30代辺りになると、肌にシミが浮き上がってきて、濃くなったり数が増えたりなど、シミ対策が必要になってきます。シミ対策として有効なのが美白化粧品です。
現在販売されている美白化粧品のほとんどは、シミの原因となるメラニンを作らせないようにする働きがあり、新しいシミを作らせない効果があります。
つまり、これからできるシミを予防して、今あるシミを悪化させない働きを持っています。 美白化粧品の効果を最大限に引き出すためにも、しっかりと保湿を徹底してから美白ケアを行なうのが大切です。
潤いのある肌でないと有効成分の浸透力も落ちてしまうので、保湿してみずみずしい肌状態を作り出すのが効果的なのです。また、美白ケアを始めてすぐに効果が出るわけではないので、継続してケアをしていくのが大切です。

既にあるシミを薄くする方法

コンシーラーやファンデーションでも濃いシミを隠すのはなかなか大変なので、美白化粧品でシミを薄くしていくケアに取り組むのが最適です。美白成分には様々なタイプがありますが、一番できてしまったシミに効くものがハイドロキノンです。
肌の漂白剤とも呼ばれるほど効果の高い成分で、メラニンを抑制してシミを予防するだけではなく、既にあるシミにも働きかけて薄くする効果を持っています。
ハイドロキノンを使ってケアしていても、紫外線を浴びてしまうとまたシミが濃くなってしまうので、日頃から紫外線対策を万全に行なうのが大切です。
その上で、ハイドロキノンなどのシミを薄くする美白成分が含まれた化粧品で、地道にお手入れしていくのが良いでしょう。

刺激に弱い

OKサインを出す女の人

敏感肌の人はセラミドが良い

敏感肌は水分を溜め込む力弱いので、水分を溜め込む力のある化粧品選びが大切です。敏感肌の人に1番効果的な化粧水は、セラミド入りの商品です。
セラミドは肌の隅々までしっかり浸透して、しっとりした状態を保ちます。水分を逃しにくくする効果もあるので、長い時間潤うと言われているようです。セラミドと似た美容成分に、ヒアルロン酸があります。
ヒアルロン酸の保湿力は、美容成分の中で1番と言われています。細胞と細胞の間を水分を与えていきます。しかし、セラミドほど水分を維持する力はありません。
セラミドは水分を溜め込む力が強いので、美容成分の中でも1番保水力があるといえます。敏感肌は刺激に弱く、季節の変わり目になると肌荒れや炎症をおこしやすくなります。化粧品選びをするときには保湿成分を多く含むセラミド化粧品にすることで、肌の奥から保湿維持をすることができるのです。

おすすめの記事