敏感肌向けのスキンケア

鏡をみる女性

天然セラミドと植物セラミドがある

セラミドには、大きく分けると天然セラミドと植物セラミドがあります。天然タイプは動物から作り上げたセラミドで、人がもっている性質に近いとも言われています。
植物タイプはこんにゃくなど、セラミドを含む植物から作り上げています。 天然タイプは比較的高額です。そのため、安くて購入しやすいこんにゃくから作り上げた植物タイプがよく売れています。
今後もこんにゃく以外の植物から作り上げたセラミド化粧水が増えていくと言われているそうです。敏感肌の人は化粧水だけで済まさずに、乳液やクリームでしっかりと保護することも重要です。
乳液やクリームを使うことで、化粧水の水分をさらに維持することができます。さまざまな使用感があるので、自分の好みで選ぶようにします。

化粧汚れを落とす

顔に手を添える女性

肌負担を考えるならクレンジングジェルもあり

化粧品の店頭でよく見かけるクレンジングジェル。どんなクレンジングなのでしょうか。クレンジングはお化粧の汚れを落とすものですが、種類により洗浄力や感触、肌効果に違いがあります。
水ベースでできているクレンジングジェルはオイルやクリームの洗浄力にはやや劣りますが、なじませるときや洗浄時の摩擦が少なく、水分が不足しがちな肌に潤いを与えてくれます。
ナチュラルなメイクの方に最適です。ノーマルメイクの方にはオイルが多めに処方されたオイルベースのクレンジングジェルもあります。
意外と知られていないのですが、クレンジングジェルはメイクの状態によって選択出来るのです。クレンジングジェルによく似たミルクタイプもありますが、洗い上がりのしっとりしたものがお好みの方にお勧めです。
洗浄力は水ベースのクレンジングジェルと同じくらいです。

無理なく使える価格帯で

クレンジングジェルの価格はメーカーやブランドによって大きく異なります。 数百円から数千円の間の価格帯で様々な商品があり、判断基準として価格は大きなウエイトを占めるところでしょう。
手頃なものが良いというのは本音ですが、やはり毎日使うものです。一日肌につけていたメイクの肌への負担を考えると、少しでも肌に良いもので落としたほうが結果的にはその後のスキンケアに良い影響を与えます。
クレンジングジェルは、肌効果を考えると価格が飛び抜けて高額というものは あまりありません。平均的に二千円台からのものであればそこそこ満足のいく効果を実感できるのではないかと思います。
毎日使うものだからこそ、自分のライフスタイルや収入などに合わせて無理なく使えるものを選ぶ事が大事なのです。

おすすめの記事